切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 S.Line SC650 6.5インチR刃メガネ

R刃(カーブ)のギザ刃を研ぎました

滑り止め用の刃にギザギザ加工されています。

これって、どうなの?

S.Line SC650 6.5インチR刃メガネを研ぎました

ハサミDATA

ハマグリ刃 直刃のR刃 ギザギザ加工入り
ネジ
埋め込みタイプ
ハンドル
シンプルなメガネ

はさみ職人's EYE

見た目が金にコーティングされていて、キレイなハサミでした。

キレイなバラにはトゲがある・・・と言いますが、、、

カーブのハサミの切れ方の特徴は、毛が逃げやすいです。

カーブしている分、高精度に作るのが難しいです。

普通の真っすぐなハサミの方が何十倍も高精度です。

想像ですが、日本製のカーブハサミが少ないのは、納得できるものができないと考えるからだと思います。

「いい加減なものならできるけど、それで返品とか、切れないとか言われるくらいなら、作りたくない」という声なき声が聞こえてきます(笑)

さて

今回のカーブのギザ刃加工しているハサミですが、「難しいお題」を頂いた感じです。

まず、「カーブ」

次に「刃こぼれ」

そして「ギザ刃」

動刃と静刃のバランスを考えながら、刃こぼれを修正して、ギザ刃加工を残して、、、と考えると、頭が痛くなります。

ああああああああ!どうしよう・・・

開閉は不自由 いいようでどうだろう?