切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 OK30

ハサミには

裏側にいろいろな情報が彫られています。

今回のはさみは「hi stanless」と。

この意味について、考えてみます。

OK30を研ぎました

ハサミDATA

30目 はまぐり刃 直刃
ネジ
埋め込みタイプ
ハンドル
シンプルなオフセット

はさみ職人's EYE

ハサミの裏側です。

hi

stanless

30

30というのは、櫛刃が30目です、ってことだと思います。

そして

hiとstanless。

これは「hi stanless」と思われます。たぶんね。

なぜなら、stanlessだけ彫られたものもあるからです。

ということは、

stanlessより

hi(高い・上等・高みにある)といった意味かと思います。

恐らく、コバルトが混ぜられた、今までよりもちょっと上等な鋼材だよと言いたかったのかもしれません。

研いだ感じ、、、全然違うよ!と言いたいところですが、それほど変わりません。

どちらかというと、ノーマルなstanlessの方がOKらしく、ザバッと切れるので私個人としては好きです。(とはいえ、切れ味もそれほど変わらないです)