切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 KD kda-50

ハサミの選びのポイント

ハサミの使われ方など、なぜこのハサミはこうなのか?

そんなことを考えながら研ぐ事があります。

今回のハサミは、「ヒットポイント」について考えてみます。

KD kda-50を研ぎました

ハサミDATA

KD kda-50を研ぎました。

トリマーさん向けのハサミメーカーさんです。

オフセット風メガネです。

5インチのミニバサミです。

表に「KD」。裏側に「kda-50」です。

はさみ職人's EYE

 

同じハサミです。

細工をちょっと入れて、並べてみました。

違いがわかりますか。

148kd-kda-50-a1148kd-kda-50-2

よく見ると、指穴と指穴の間のヒットポイントがありません。

左の写真の拡大図

148kd-kda-50-a3

すると、刃先に問題があります。

148kd-kda-50-a2

刃と刃の重なりが変です。

飛び出てしまってます。

使えば使うほど、手が血まみれになります(笑)

こうなってしまうと、使い物になりません。

早めに修理が必要になります。

 

閉じる