切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 FIT 30目

セニングの抜けの良し悪しが決まるのは、刃付け次第です。

簡単に言えば、抜けよく研ぐことができるかどうか?です。

これでほとんど決まってしまいます。

というと言いすぎかもしれませんが、重要です。少なくても8割が決まります。

ハサミの形としては、刃を閉じたときのクシ刃のすき間です。

動画の1:00くらいのように、光に当てたときに、光がこぼれてくる量によってヌケの量が決まります。

例外として、

切れないセニングの場合は、何をしてもヌケが良くなりません。

この切れないセニングというは、元々初めから切れないというタイプです。

が、

使っていて切れなくなってきた、、、その状態のセニングも同じです。

切れなくなったら、早めに研ぐことをオススメします。

あと、よーく見るとこのセニングはわざと刃先を細く加工していますね。

ピンポイントで狙いを定めてつかっていらっしゃるのでしょう!

FIT 30目を研ぎました

ハサミDATA

V溝はw。30目
棒刃は笹刃のハマグリ刃
ネジ
パネルの出っ張りタイプ。
自分でお手軽に締めることができます。
ハンドル
オフセット

はさみ職人's EYE

前半でたくさんコメントさせて頂きました。

お客様から、

「ヌケのいいセニングがほしいんだけど、おすすめは?」とよく言われます。

メーカーがたくさんあるので、その中から選ぶのは難しいですね。

そのへんがはさみ選びの難しいところです。

ハサミをよく知っている人から買うといいと思います。

この知っているというのは、

営業的に専門用語をよく知っているというのもありますし、

使い方を良く知っているというのもあります。

さらに、

実際にいろいろなハサミを研いだり、使ったりして、より深く知っているという場合もあります。

閉じる