切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 bmac DT 両ぐし

セニングで動刃も静刃もクシになっているものがあります。

両櫛(リョウグシ)のセニングです。

ヌケが良さそうです。

実際、僕の感覚としては、ヌケはそれほど、、、です。

bmac DT 両ぐしを研ぎました

ハサミDATA

29目のセニング
動刃のV溝(ブイミゾ)は、VV。Vが2つ並んでます。
静刃はV溝がなくて、フラット。

V溝が動刃の方についている場合、
正刃セニングで慣れていると、引っ掛かりが出やすいです。
ひっくり返して使うと、引っかかりにくいと思います。
ネジ
埋込ネジ
ハンドル
メガネ

はさみ職人's EYE

両櫛(リョウグシ)のセニングついて

両櫛のセニングの場合、毛が通る溝が広いです。

そのため、ヌケがいい!という人がいます。

僕も多くの両櫛で試すまでそう思っていました。

でも、

実際に切ってみると(研いだあと、試し切りをしてみると)それほど、、、です。

カット率の少なめのセニングをヌケがいいように研いだ方が圧倒的にヌケがいいです。

その理由は、、、という話です。

両櫛のセニングと普通のセニングを比べてみると、棒刃側(細い方の刃)が違います。

細い方の刃が

櫛vs棒

のちがいです。

棒の方が面積、体積が大きい分、わずかにパワーがより多くあります。

このわずかな差で、力強く切れるか、そうでないかが決まります。

やはり細いとパワーは落ちます。

パワーがなくて、しっかりと切れないのは櫛の方です。

始めは櫛も棒もよく切れます。

しかし、使うにしたがって切れなくなってきます。

このとき、櫛に比べ棒の方がしっかり切れる分ひっかかりが少なくなるのです。

もう一つの理由は、毛に引っかかるかどうか?です。

コームで髪の毛をとかすのをイメージしてください。

櫛の方でとかすと毛にめり込みます。

櫛の背中のほうでとかそうとすると、(当たり前ですけど)毛にめり込むようなことはなくて、さらっとはじきます。

櫛の背は刃ではなくて、鋭くないのでそうなのですが、セニングも鋭い刃付けにしなければ抜けやすくなります。

ん・・・

この説明、言葉でやると難しいですね。

実際に、ハサミを持って、身振り手振りだともう少し説明できるのですが。

で。

ハサミ教室、はじめました。

詳しくはこちら。

プロの研ぎ師が教える はさみ教室 2018

 

 

閉じる