切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 胡蝶 IRODORI SPECIAL

錆びについて。

 

はっきりと言ってしまうと・・・

問題がありまくりなので、

オブラートに包んで言います。

(われわれ空気を読める日本人として、お伝えします)

 

ハサミって、

サビちゃうこと、あるよねぇー。

ちょっとくらいなら、なんとかなるよ。

 

胡蝶 IRODORI SPECIALを研ぎました

ハサミDATA

段刃 直刃
ネジ
出っ張りタイプ
ハンドル
シンプルなオフセット

はさみ職人's EYE

ハサミは錆びると、脆(もろ)くなります。

脆くなるというは、崩れやすくなります。

例えるなら、

ふっくら食パンが

焼くことで、

パンくずがポロポロこぼれるようなイメージです。

刃が錆びると、

ポロポロと刃こぼれします。

刃こぼれすると切れないので、

削ります。

錆びているから、また刃こぼれします。

また、削ります・・・・

焼いた食パンなら、

ミミの部分くらいは全部削って、

白いところの中間のふっくらしているところまで削ることになります。

なので、

長持ちさせたいと思っている方は、ご注意ください。

この写真は、よーく見ると錆びがあります。一般人なら全く問題ないです。がプロの方からするとこのわずかな錆びはかなり大きい錆でこのためによく切れないと感じるレベルです。

対策として、マメにセームできちんとふけばOKです

逆に、ふかないとすぐ錆びると思ったほうがいいです。

特にトリマーさん、錆びさせやすい環境なので、注意してあげてください。

 きちんとふけばOK。ふかないトリマーさんは錆び鋏。