切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 SJ 5.5インチオフセット

裏スキの模様。


(黄色のところが裏スキです)

今回はちょーーーディープな話になります。

首都高速の渋谷近くの大橋ジャンクションくらい深いです。

SJ 5.5インチオフセットを研ぎました

ハサミDATA

片剣刃 柳刃
ネジ
埋め込みタイプ
ハンドル
シンプルなオフセット

はさみ職人's EYE

裏スキ部をよーくみると、グラインダーで削られたような模様があります。

これはグラインダーで削られた傷です。

この向きですが、普通は刃に対して垂直です。

なぜなら、手で刃先とハンドルを持って削るからです。

まあ、手仕事なわけです。

日本のハサミに限らず、ほぼ100%のハサミはそうなっています。

(機械でやっているハサミもこの方向です)

が!

今回のハサミは違いました。

刃と平行に削られた跡がありました。

これって、

NC工作機っていうやつの仕業(シワザ)です!

要は、工業用ロボットの仕業です!

きれいにいい仕事をしていやがる!

 

これがどんどん進化すると、人間の技が育たなくなりますね。

現状でトップレベルは人間のほうが高レベルです。

しかし、若い人間なら、機械のほうが上です。

人間なら毎日牛丼とか、ラーメンとか、、、カルボナーラとか食べますけど

機械なら、電気だけで・・・たまに機械油でも必要なんですかね。

暑くても寒くても・・・エアコンいらないし・・・無言で働くし(笑)

 

そんなことを考えながら研いでいました。

最悪、私の仕事も機械になるんですかね。

そうなったら、どうしよう????

仕事がなくなるか・・・逆に機械を買ってしまえばいいのか???

 

じゃ。またね!