切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 シザーズ内山 GSX-40

いいハサミとは、いろいろな要素があります。

が、そのひとつに「研ぎ直すとよく切れる」というのがあります。

例えば、海外製の安いハサミは、(始めから切れませんが)何度か研ぐと、

研いでも切れるようになりません。

または、すぐ来れなくなります。

今回のはさみは、、、

シザーズ内山 GSX-40を研ぎました

ハサミDATA

櫛刃はシンプルなV溝の40目
棒刃はシンプルな直刃、ハマグリ刃です。
かなり研ぎこまれていますね
ネジ
マイナスネジ
ハンドル
シンプルなメガネ

はさみ職人's EYE

いいハサミとは、以下の3つの要素であると説明しています。

1.手に馴染む

2.思い通りによく切れる(毛が逃げないなど)

3.研ぎ直すと切れ味復活する

3は、単純に「研ぎ直すとよく切れる」ということです。

例えば、海外製の安いハサミは、(始めから切れませんが)何度か研ぐと、研いでも切れるようになりませんし、すぐ切れなくなります。

その分、安いので、バランスはいいのかもしれません。

切れ味を大切にするひとやたくさんカットする人には、不向きですね。

今回のはさみは、

シザーズ内山という、メーカーさんです。

僕は正直好きです(愛の告白かい!)

その理由は、こんなに研ぎ込まれているに、研ぐと切れ味が復活したからです。

他のはさみもその傾向が強いです。

短期的に見ても良く来れるし、長期的に見てもよく切れる、、、そんなハサミは良いハサミだと思います。

 

閉じる