研ぎ実績

Vals VX21

切れ味が重くなってきたといういことです。

2011/03/15 15:07

Vals VX21を研ぎました

ハサミDATA

6インチ。逆刃。

棒刃は、直刃のハマグリ刃。

櫛刃は、21目。

カット率は、70-80%くらい。

ハンドルは、オフセット。

ネジは、一番シンプルなマイナスネジ。

はさみ職人's EYE

カット率が高いセニングの場合、カット率が50%以上の場合特にそうですが、切れ味が重く感じます。

これはセニングだからです。

刃と刃でつかんだ毛が逃げにくいため、切れ味が重く感じます。

切れなくなるに従い、この重さがより重く感じるものです。

最近のセニングは、棒刃が笹刃状になっているものが増えています。

棒刃は、直刃に比べ、笹刃のほうがやさしく切れるのです。

 

2022年追伸

セニングだから重く切れると書きました。

が、

今は「厳密には違う」と考えています。

重く切れるのは、毛が逃げないからです。

棒刃の形が毛を逃げにくいようになっているからです。

毛が逃げやすいような形であれば、優しく切れるかと思います。

ただ、優しく切れていい面もあるけど、反対の面もあるかもしれません。