切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 vals BROSSE7.5

このハサミは、理美容師さんに多く使われていますが、今回はトリマーさんから依頼をうけたハサミです。

特に、このハサミは理容師さんに使われているんですが、、、

というのは?

vals BROSSE7.5を研ぎました

ハサミDATA

7.5インチオフセット。

刃はシンプルな柳刃のハマグリ刃。

少し峰側が削られて長さの割に細身になっています。

とはいえ、細いタイプかというと、そうではなく、どちらかというと太めですね。

ネジは出っ張りタイプ。

このように出っ張りタイプはアソビが大きくなっているネジが多いです。

このネジはその辺が改善されていてアソビが少なく、いいねじです。

ハンドルはシンプルなオフセットです。

はさみ職人's EYE

理容師さん向けとは?

理容師さん向けとはどういうことでしょうか?

これは理容師さんだけが使うというのではなく、美容師さんもトリマーさんも使ってOKです。

ただ、理容師さんがあのカットをするのに便利に作られているということです。

あのカットというのは、「ブロース」。

このハサミの品番も「 BROSSE7.5」です。

このブロースというのは、平たくいうと、「角刈り」だそうです。僕も細かいところはしりません。

とにかく段々にならないyほうにキレイに刈り上げて、頭頂部分はまっ平らにできると花丸となるそうです。

コンテストなどで、そのキレイさと時間とを争います。

「理容師の基本」という方もいらっしゃいました。

この頭をつくるのには、すごくよく切れるハサミがいいです。

それは時間が限られているので、粗刈りはパワフルにガツガツ切って、残りの時間をたっぷりと使い細かいところを仕上げていくそうです。

このハサミは、そのパワフル版ですね。

さすがにパワフルです。その分少し重く、女性だと扱いにくいのかも、、、という印象をうけました。

閉じる