切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 S.Line MDM7033 33目メガネ

キンキラのハサミを研ぎました。

今回はハンドルに注目!

キラキラ指掛け

・プラス(キラキラ)

・マイナス(すき間ある)

S.Line MDM7033 33目メガネを研ぎました

ハサミDATA

櫛刃:33目 棒刃:はまぐり刃 直刃
ネジ
埋め込みタイプ
ハンドル
3Dメガネ

はさみ職人's EYE

ハサミ全体がゴールドです。

以前、客先でばったりと、他社のハサミ屋さんと会ったことがあります。

そのとき、集金に来られていました。

私は研ぎの納品でした。

ハサミの営業さんにハサミ見せてもらいました。

今回みたいに色がついているハサミで・・・

「キレイなメッキですね!」と言いました。

 ・

 ・

 ・

メッキじゃないです。コーティングです!

と訂正されました。

 

今回はきれいな、ゴールドコーティングシザーでした。

その後、メッキとコーティングの違いを調べました。

そしたら、「メッキ」は日本語でした。

ちゃんとした「鍍」という漢字もありました。

「コーティング」はメッキと言う意味の英語でした。

同じですやん!(笑)

 

さてさて、

ハンドルですが、

指掛けもキラキラしてますね・・・

 

いやいや、、ハンドルですが、

よーく見ると、

ヒネリが入っています。

こうすることで、フィット感が増します。

私は好きですが、好みはわかれるでしょうね。

 

 

ということで、

めっきは漢字で書くとという話でした!