切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 URBAN STYLE MUJIRUSHI V3-30S

はさみ職人から見た「無印」の印象について

テーマが大きいかな?

URBAN STYLE MUJIRUSHI V3-30Sを研ぎました

ハサミDATA

櫛刃:30w刃 棒刃:はまぐり刃 笹刃
ネジ
埋め込みタイプ
ハンドル
シンプルなメガネ

はさみ職人's EYE

いろいろなハサミメーカーがありますが、それぞれ何となくの特徴があります。

今回のセニングも研いでみて、、、無印らしいなあという感じました。

どの辺が?っていう話です。

 

セニングの場合だと、

やたら「切れる」にこだわっているハサミ。

ハサミの作りとしては、ソリを強くしているタイプなどです。

この場合、開閉のたびにくし刃が棒刃があたる感覚が強くなります。

(いいとか悪いとかではなく、特徴です)

力が強くなるので、切れ味もいいです。

長切れもさせやすいです。

ただ、この場合、「刃が当たる感覚がイヤだ」というのがあります。

スルゥ~と開閉したいという意味です。

 

無印のハサミは、このスルゥ~という開閉を重視したつくりです。

開閉はしやすいですね。

その反対に力強く切ることができるか?というと、ちょっと難しいです。

繊細な感じです。

その分、スルスルと開閉できるのはいいです。

 

例えば、カット率の低いハサミなんかは、そもそも繊細なので、スルスルした感じがよさそうです。

逆にカット率が高いハサミ、例えば50%のセニングなどは、スルスルした感がいいです!!!

が、

カットする毛束を厚くとると切りにくいことがあります。

向き不向きがあるってことで・・・

 

ちなみに

こういう特徴がありますが、

研ぎの味付けによっても変えることができるので、「スルスル開閉よりは、パワフルに切れる感じで」みたいなリクエストをすると、それなりにいい感じにすることができます。