切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 Navi V-60

まだ、経験が浅かったオオタくんは、ハサミに詳しい高橋さんに言いました。

「ハサミの刃元って、使わないじゃないですか?」

 

すると

高橋さんは

「いやいや、オオタさん。

 刃元も使うんですよ。」

と優しく教えてくれました。

 

しかし

「でも、刃元って、そんなに切れないじゃないですか?」

 

すると、

「いやいや、オオタさん

 使わない、じゃなくて、

 ハサミは刃全体で使うようにするんですよ。」

と、これまた優しく教えてくれました。

 

高橋さん、どうもありがとうございます。

お陰様で、はさみの使い方について少し詳しくなりましたm(__)m

 

刃元がよく切れるハサミでした。

Navi V-60を研ぎました

ハサミDATA

はまぐり刃 柳刃
ネジ
埋め込みタイプ
ハンドル
穴あき オフセット

はさみ職人's EYE

このはさみ、ちょっと刃元変わっています。

ヒントはネジの位置です。

静刃のネジの位置に違和感はないです。

動刃の方は刃の中心というよりは、この写真で言うと、中心より左下というか・・・

これがちょっと変わっています。

 

この造り(形状)のせいで、刃元は毛が逃げにくいです。

なので、刃元重視の方、おすすめです。

逆に、刃先ではあまり優しくは切れず、堅い切れ味になりがちです。

 

ということで、

今日のお話は高橋さん、ありがとう!ってことでした。

 

ちなみに

高橋さんはその後、学校の先生になりました。