切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 REOX 7インチオフセット

同じハサミ3丁です。

「同じものを3丁も・・・」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

同じものを複数もつメリットとは、なんでしょうか?

REOX 7インチオフセットを研ぎました

ハサミDATA

7インチのオフセット

刃はハマグリ刃の柳刃

パネルの上にマイナスネジです。

シンプルなオフセット。

はさみ職人's EYE

同じハサミを3丁ご依頼を頂きました。

なんで、同じハサミばかり・・・キャラがかぶっているので、無駄ではないか?

そんな風に考える方もいらっしゃると思います。

しかし、メリットもあるのです。

それは手になじんだハサミを使い続けることができるからです。

もしも、落としてしまったりして、研ぎに出している間も同じような道具で仕事ができるというのは、技術者として安心だと思います。

また、買うとき。

ハサミやさんが手持ちサンプルを持ってきて、

もし試し切りなんかして・・・

とてもいい感じなので購入・・・

使っていて、コレいい!!!

となったとします。

もし、同じものを欲しいとなったら、すぐ購入するといいです。

それは、それが良いロットだから。

実はハサミ作りというのは、スタイルづくりと一緒です。

今日のスタイルは、明日も全く同じスタイルを作ることができないのです。

お客さんは同じと思ってくれるかもしれませんが、
自分たちから見たらわずかに違うのです。

そして、はさみも全く同じようにもつくれないのです。

1年前と同じものを同じように作れるなんてことはない。

農産物ほどではないですが、豊作と凶作があるんです。

ハサミの切れる切れないというのが分からないという美容師さんなら、問題ないでしょう。

しかし、一人前のスタイリストとして仕事をしている方なら、気になるものです。

だからこそ、いいと感じた時期に複数購入するというのは、分かっているひとのハサミ選びのような気がします。

閉じる