切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 NAVI LFX60

「切れ味が落ちたので研いで」というリクエストでした。
ひっかかる感じが気になるそうです。

たいした傷もなく、とてもきれいな刃でした。

開閉感がとてもスムーズで、繊細なハサミです。

NAVI LFX60を研ぎました

ハサミDATA

片剣刃(動刃:ハマグリ刃、静刃:剣刃)の6インチ。
一般的な柳刃。
ハンドルは、コブのあるラクダオフセット。
ネジは、埋め込み式のコンパチWネジ。4つの爪穴があるタイプ。

はさみ職人's EYE

このハサミの持ち主の方は、ベテランの方です。

すごく切れ味について厳しいかたです。
(とは言っても、口で言わずやんわりニュアンスで伝えることの出来る方で、人間的にとても尊敬出来る方です)

この方のハサミを研ぐたびに「きれるきれないの感性」について考えさせられます。

というのも「これ切れない」というハサミは、当時の私にとって切れるハサミでした。
それもなんの問題も無いレベルです。
むしろよく切れるとさえ、思ったこともありました。

こうして、研ぎの依頼を受けるたびに、そのハサミをよーく見つづけました。
切りもしました。角度、開閉スピード、毛束のつかみ方・・・といろいろ試してみました。

そこで分かったのは、やはり神経を集中して感覚を研ぎすませないと分からないということでした。

仕事は親方・先輩に教わるものです。
と同時に、お客様によって育てられるものだと聞きました。
まさにそんなお客様が使われているハサミです。

閉じる