切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 USAGI stainless90

「切れ味が悪くなったので、研いで!」というリクエストでした。

小さな刃こぼれがたくさんありました。

肉厚でパワーのありそうなハサミです。

USAGI stainless90を研ぎました

ハサミDATA

6.8インチくらい。ハマグリ刃。
ネジ
シンプルなシングルタイプのマイナスネジ
ハンドル
シンプルなオフセット

はさみ職人's EYE

トリミング用のシザーです。

これは理容のあら刈り用のハサミと同じです。

トリミングのハサミの業界はまだ新しいです。

トリミング用のハサミを研いでいると、かなり理容の影響を受けているなあと感じます。

トリミング用のハサミは、7インチくらいの大きいハサミと5.5インチくらいののミニバサミ、そして42目のスキバサミが基本ですね。

トリミング業界の源流は、理容業界につながっているのかなぁと感じます。

そして、日々進化しているのだろうなあ・・・感じます。

というのは、

トリマーさんの刃付けリクエストが年々厳しくなってきているからです。

以前は、

正直言って、

「こんなハサミで、本当に仕事できるんだろうか?」と思ってしまうくらい大きくバランスを崩したハサミや、変な刃付けをしているハサミを多く見かけました。

こんな刃づけがいいのかなぁと、疑問に感じたことも多かったです。

最近はこちらからの提案という形で、鋭い切れ味の刃をつけています。

とはいっても、それまでが、すごく鈍角な鈍い刃付けのため、それほどでもありません。

すると、「ハサミって、研ぎでちがうんだぁ」と言われました。

また、初めてのかたには「いろいろ研ぎに出したけど、こんなに切れて、びっくりした」と言われることもあります。うれしいです。

ただ、

同時に

同業者に対して、

「ちゃんと仕事しろ」と言いたくなるものです。

それだけ、本来はよく切れるはずなのに、研ぎによって切れないハサミで使っているトリマーさんがたくさんいるということです。

さて、

さて、

このはさみについてです。

このハサミは、厚みがあってパワーのあるはさみです。

しかし、トリミングで使うと、ちょっと重いかもしれません。

ハサミの重心も、前のほうにあります。

ポイントを定めて、刃先を使おうとすると、その重さからブレやすいかもしれません。

もし人間のように硬い毛を切る機会がないのなら、厚いものよりは、薄い刃のタイプもいいと思います。

閉じる