切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 KD KDS-42

トリマーさんのセニングです。

「切れないので、研いで!」というリクエストでした。

シンプルなセニングです。

シンプルです・・・・

KD KDS-42を研ぎました

ハサミDATA

42目正刃のセニング。

棒刃は直刃。櫛刃の溝は、「v」。

ハンドルは、シンプルなオフセット。

ネジは、シンプルなマイナスネジ。

はさみ職人's EYE

シンプルなセニングです。

鋼材も良すぎず、悪すぎず・・・シンプルです。

つくりは、今回の普通でした。

作りについて

作りというのは、

一丁一丁ハサミの個性があります。

同じメーカーの同じ型番であっても、いいものとそうでないものがあります。

アタリ、ハズレがあるようなものです。

本来は、アタリがあっても、ハズレがあってはいけないものですね。

でも、実際はあります。

それだけ、

プロが使う道具というもの、

もしかしたら、刃物の特徴なのかもしれませんが、

よく切れるものとそうでないものがあります。

これは、見た目で全く一緒に思えるものでも、実際に切ってみると違うものです。

しっかりした作りのものは、研げば切れるようになります。

切れ味が持続もします。

使っていて疲れにくいです。

閉じる