切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 K’S YA-55

ふっくらした太めの刃なんですが、

かわいいですよね。

って話ではなくて、どんなふうに切れるんだ?って話です。

(後半に続く)

 

K’S YA-55を研ぎました

ハサミDATA

ハマグリ刃 太めの直刃に近い柳刃
ネジ
埋め込みタイプ
ハンドル
シンプルなメガネ

はさみ職人's EYE

今回のハサミは太めの5.5インチです。

太めのハサミの場合、柔らかく切れます。

それはそれで、イイ感じです。

が、

その反対もあります。

柔らかく切れる反面、毛がすべり(毛が逃げる)がちです。

つまり

良い面:柔らかく切れる

悪い面:毛が滑る

です。

「じゃ、どのくらい滑るの?」と疑問に思う人もいると思います。

それは、

そのハサミの太さや長さのバランスと刃付け(研ぎ)で変わります。

 

「じゃ。オオタさん的には、このはさみはどうなの?」

 

普通に研ぐと

刃先は滑って使いにくいかと思います。

その手前までは、柔らかくすごくいい感じです。

なので、

毛が滑りにくいように研ぐと、〇です。

 

注意点としては、

もともと滑りやすいのを、刃付けというテクニックで調整しているので、切れなくなる時は毛が逃げるようになります。

そうなったら、研ぐサインですね。

研げばよくなります。