切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 Y.S/PARK WR30

ハンドルが特徴的ですね。

軽そうなハンドルです。

今回は軽ければいい!!!のか?って話です。

Y.S/PARK WR30を研ぎました

ハサミDATA

30目 はまぐり刃 笹刃
ネジ
埋め込みタイプ
ハンドル
ラクダの穴あきメガネ

はさみ職人's EYE

見るからに軽そうなハンドルです。

だって、穴が開いていますから・・・。

実際はデザインの要素が大きいかもしれませんが、重いハンドルではないです。

軽いハサミが好きという方がいらして・・・

それはそれで、毎日使うものなので、私も軽い方がいいと思います。

ですが、

軽すぎは注意ください。

このハサミは、

セニングで刃のほうが軽いということもあり、

ちょうどいいバランスです。

ですが、

もし、

カットシザーに

(この場合セニングに比べて、刃は重いです)

軽いハンドルをつけると、バランスが悪くなります。

バランスが悪くなり、

勝手に開いて、切るときに力が必要・・・となります。

そうなると疲れるハサミになってしまいます。

いいバランスが求められます。