切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 K’S YA-55 5.5インチメガネ

ネジについて①

ハサミの良しあし=鋼の良しあし

だと思っている人は意外と多いです。

たしかに鋼は大事な要素です。

例えば、包丁なような一本の刃物だったら、鋼の割合は大きいです。

ハサミの場合は、意外とそうでもないです。

鋼+作り+刃付けのバランスです。

今回はもっとも注目されない・・・・(笑)

ねじについて、深ーくチェックしてみます。

今回は、「埋め込み」「4つ目」「カチカチタイプ」

ネジはきつめが基本となります。

K’S YA-55 5.5インチメガネを研ぎました

ハサミDATA

はまぐり刃 太めの直刃に近い柳刃
ネジ
埋め込みタイプ
ハンドル
シンプルなメガネ

はさみ職人's EYE

このネジは爪が二つあるようなドライバーで締めたり緩めたりします。

中に板バネが入っていて、締めるとカチカチとロックします。

結構強めにしめても、締めすぎるようなことが少ないタイプです。

なので、ねじはキツメがいいです。

ネジのきつさゆるさに、こだわりがあるような人で、シザーケースに入れて使い人向きですね。