切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 KIKU 60N

リクエストはありませんでした。きれいに使っていらっしゃいました。

刃が少々荒れた感じでした。

これはこの鋼材にありがちなパターンで引っ掛かりを感じるような切れ方になります。

音にすれば、コツコツとか、カチュカチュ・・・そんな感じです。この鋼材は、これに合わせた研ぎ方が必要になってきます。

ポイントは「やさしく」です。

KIKU 60Nを研ぎました

ハサミDATA

変形両剣刃の6インチ。
柳刃。鋼材はステライト。
ハンドルは、シンプルなメガネ。
ネジは、表がちょっとでっぱりがあり、裏からマイナスを十字にしたネジ(+ネジではない)。

はさみ職人's EYE

とてもシンプルなはさみです。

つくりの精度は高く、「シンプル イズ ベスト」という言葉が浮かびます。

重心のバランスが少しだけ、先端にあります。

ストロークして使う場合は、ちょっと重く感じるかもしれません。

そのときは、5.5インチを選ぶといいかもしれません。

この鋼材のステライトというものは、刃をつけるには、とてもクセのある材料です。

研ぎ終えて、そのクセを見切っていい刃をつけることが出来ました。

以前に美容師さんが、

「クセの強いひとの頭を、読みきって、

カットが出来たとき、自分でいい仕事が出来た・・・

と感じる」

と聞いたことがあります。

もしかしたら、それと同じような感覚かもしれません。

閉じる