切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 KIKU VF80F

KIKU VF80Fです。

柄がちょっと短めですね。

この長さは、短いほど手の中に納まる感じが強いです。

逆に切れ味が硬くなりやすいものです。

KIKU VF80Fを研ぎました

ハサミDATA

6インチのカットシザーです。

刃は、柳刃のハマグリ刃。

ハンドルは、オフセット。

ネジは、ちょっと特殊な埋め込みです。

はさみ職人's EYE

慣らしについて

新品や研ぎたては注意が必要です。

よく車に例えて、「ならし運転」が必要です。と言われます。

はさみも自動車と同じで慣らし運転が必要です。

慣らし運転とは、

・いきなり毛をたっぷりとって切らない。

・剛毛の人は切らないで、子供の柔らかい毛などから切る。

こんなことです。

実際新品や研ぎたては、動刃と静刃が元気が良過ぎる中学生みたいなもので、開閉するたびに自己主張のぶつかり方が強いものです。

これを時間をかけて、お互いやさしく触れ合うことができるようになります。

で。

鋏で、具体例としては、

鋏しょくてん

写真のど真ん中。

ここを「しょくてん」と言います。

ここに目に見えないようなホコリやゴミがのっかると、開閉が重くなります。

革で拭いてください。

革で拭くのは、刃の部分も必要ですが、このしょくてんも大事です。

まず革でふく。

それでだめなら、油をさす・・・

ちなみに指で拭いても開閉感は変ります。

良いハサミの刃付けは、新品・研ぎたては、違和感がでてきますが・・・

使い続けると、あなたの使い方に合わせて、馴染むようにだんだん良くなります。

そして、だんだん、切れなくなります。

ちなみに、

全然切れない刃付け・全然切れない鋏は、拭いても拭かなくても同じです。

上手なひとに見てもらって下さい。

閉じる