切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 KERRY Blender6.8-15-80

品名からセニングの形を推測みよう。

 

KERRY Blender6.8-15-80を研ぎました

ハサミDATA

櫛刃:15目 棒刃:はまぐり刃 笹刃に近い柳刃
ネジ
半埋め込み込タイプ
ハンドル
シンプルなオフセット

はさみ職人's EYE

品名からセニングの形を推測みましょう。

ハサミの裏側を見ると「Blender6.8-15-80」

Blenderというのは、カット率の高い、トリミング用スキハサミを言います。

このブランドのメーカーさんか、もしくはこの製造されているメーカーさんの持っている商標ですね。

このはさみだと、カットの時短が出来て便利と言う声を聞きます。

最近は、カット率の高いセニングはこのメーカー以外のものでブレンダーと呼ぶ傾向があります。

なんで、blenderと名付けたのか?

勝手に想像すると、

blendは混ぜるという英語です。

カット用のハサミと間引くセニングが混ざった、、、両方とも使える、、、という意味のような気がします。

理美容のハサミでも、カット率の高いセニングがあります。

このセニングは某メーカーで出したカット率80%くらいのものが始まりですが、これを「カット&セニング」ということで売り出されていました。

同じような意味合いなのではないかと・・・(詳しい方教えてください)

 

つづいて6.8

これは見た目の大きさでしょうね。

6.8インチです。

セニングとしてはかなり大きいですね。

 

そして15

これは、櫛刃の数でした。15目。

 

最後80

これは恐らくカット率でしょうね。

80%

 

ちなみに・・・ですが、

トリマーさんから、

「ブレンダーって、すぐ切れなくなる」とか

「研いでも切れるようにならない」とか

耳にします。

 

実は、

それっ、

ハサミの問題ではないです。

 

単純に研ぐ技術の差です(笑)

 

なんか切れないなあ・・・と思っているブレンダーが手元にあるってトリマーさん!

上手な人に研いでもらってね!

研ぎの技術の差が出やすいハサミです!