切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 KERRY 8.0-23-50

トリマーさんが使われているでかいセニングです。

8インチくらいでしょうか。

こういったハサミは、どうなのでしょうか?

使い手ではなく、ハサミ屋目線でコメントさせて頂きます。

KERRY 8.0-23-50を研ぎました

ハサミDATA

くし刃:23目
棒刃:はまぐり刃、柳刃
ネジ
半出っ張りタイプ
ハンドル
シンプルなオフセット

はさみ職人's EYE

今回研がさせて頂いたのは、8インチくらいの大きなセニングです。

カット率が多く、トリマーさんは「ブレンダー」って言ってるやつです。

大半は7インチですが、今回はそれよりも一回り大きいタイプです。

 

切れる切れないで言うと、一般的に小さいハサミほど、よく切れます。

この理由は「テコの原理」で、刃先より刃元の方がよく切れるからです。

長いハサミをイメージしてみるといいのですが、

刃先よりも刃元の方がパワフルによく切れます。

 

ということは、

長いよりは、短いほどよく切れます。

 

ただし!

使い勝手という見方でいうと、短いハサミがいいということでもないです。

 

これについては、現場の使っている技術者の方にまかせるとして、、、

よく聞くのは、長い方が一度に切れる量が多いので仕事が早くなるとか、

長い分、ちょっと距離を置いてカットができるので、全体像を把握しやすいとか、

重くなるけど、その分パワフルに使えるとか、、、です。

 

一長一短なので、使いやすければそれが◎です!

 

重量バランスは、刃先が重かったです。

これはハサミを地面と水平に使おうとすると、重く感じますね。

しかし、刃先を地面に向けてカットするには、いいバランスです。

どうやってハサミを使うか?それによって良し悪しが変わってきますね。