切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 光 STAR COSMOS 123(2)

ベーシックなハサミです。
ひと昔前、どの美容室にも持っているかたがいたんじゃないでしょうか。
それだけメジャーなハサミです。

光 STAR COSMOS 123(2)を研ぎました

ハサミDATA

5.7インチくらい。
ハマグリ刃。
直刃ぎみの柳刃。
ネジ
シンプルなマイナスネジ。
ハンドル
シンプルなオフセット。
華奢なイメージです。

はさみ職人's EYE

サッスーンさんが日本にきたこと、一生懸命技術を学んだ世代に人気があると思います。

サッスーンさんが日本にブラントカットと一緒にもってきたものは、小さいはさみでした。
4.5インチとか5.0インチとかのメガネです。

このハサミって、何度も開閉して切る必要があるんです。
それだけ、手間のかかる丁寧な仕事ですね。

が。6インチくらいのハサミだと、開閉が少なくてすむので、スピードアップできるのです。

最近の美容師さんは、6.0インチを使っている方が多いですが、その流れをつくったハサミだと思います。

閉じる