切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 HI-TEC Z-60W

「切れなくなっていたんだけど、落としてしまい、閉じなくなった!」ということでした。

刃先に大きな刃こぼれがあり、閉じない状態でした。

また、刃先の刃でない部分にも引っかき傷がありました。
ダメージをダイレクトに受けてしまったのかもしれません。

刃こぼれを修正しました。
このくらいのダメージの場合、他にも影響が出るものですが、今回はそのほかは大丈夫でした。

刃付けについては、ドライカット用ということで、毛に引っかかりにくいように丸い刃をつけました。
逆に、刃先1cmは逃げにくい刃をつけました。

HI-TEC Z-60Wを研ぎました

ハサミDATA

ハマグリ刃の6インチくらい。
笹刃。以前に先端を細く改造したハサミです。
ネジ
埋め込みの四つツメ、Wネジ。
ハンドル
コブのあるラクダメガネ。

はさみ職人's EYE

このラクダのハンドルと笹刃加減・・・
とてもきれいだなぁと感じさせるハサミでした。

普通ハサミって見ただけでは、切れる切れないはわかりません。
しかし、いいはさみって、見た目もいいことが多いと思います。

もし、ハサミ選びで選びきれなかったら、自分の目を信じて、見た目も大切にしてみてください。
その見た目というのは、彫刻があるとか、色が・・・とか、そういうものも判断の一つですが、”機能美”として美しいかどうか?

選ぶとき、 そんなことをポイントにしてみては、いかがでしょう?

閉じる