切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 光 STAR COSMOS 123

「知人に貸したら、こんな風になっちゃった!直せる?」というリクエストでした。

こんな風にというのは、刃がギタギタで、表面にサビ。
痛々しいかったです。
刃がギタギタというのは、小さな刃こぼれということです。

表面のサビは、扱いが悪かったせいでしょうか?
この部分は削りました。

もともと、かなり研ぎ込まれているはさみだったのいうのもあります。とても軽かったです。恐らく40g弱です。

光 STAR COSMOS 123を研ぎました

ハサミDATA

ハマグリ刃の5.7インチくらい。
直刃ぎみの柳刃。
ハンドルは、シンプルなオフセット。
華奢なイメージです。
ネジは、シンプルなマイナスネジ。

はさみ職人's EYE

このハサミの持ち主の方は、面倒見がよくて、周りの信頼の厚いアネゴ肌のかたです。

「多少ハサミが痛んでしまうだろう」と思いつつ・・・
後輩のためにハサミを貸してあげたそうです。

「予想をしていたこととはいえ、予想以上で・・・」
とおっしゃっていました。

普通は常識の範囲で使うだろうから、大丈夫だろう!と思うものです。
しかし、実際ハサミの使い方の常識というのは、かなり差があります。

私は、仕事ですので、いろいろなハサミを見ます。
そういう言った立場からすると、

自分のハサミを貸したら、使えなくなって帰ってくる確率が高い。

です。

それだけ、使い方やクセというものがハサミには出てくるものです。それがいい、悪いということではなく、そういうものなんだと思います。

閉じる