切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 HI.Z 6.0

「刃先が薄くならないように・・・」

というリクエストでした。

HI.Z 6.0を研ぎました

ハサミDATA

6インチ。

甲丸の直刃。

ハンドルは、オフセット。静刃側のハンドルはメガネ用ハンドル。

ネジは、小さな板バネの入った自在ネジ。

はさみ職人's EYE

研ぎのリクエストで意外と多いのは、今回の「うすくならないように」「小さくならないように」です。

というのも、研ぎに出して返ってきたら、「自分のはさみではないか、と思うほど小さくなった」というのは、よく聞く話しです。

研ぎではなく、単にけずられてしまったということで切れ味以前の問題です。

今回のハサミは、比較的ハガネが柔らかいため、削られやすいものです。

ある全国規模のメーカーさんは、ベルトサンダーといわれる機械をメイン使います。

これは鉄や木材などをアバウトに削るための機械です。

チェーンソーみたいなパワフルな機械です。

パワフルなので、精度の求められない、ちょっとした工作にはいい仕事をしてくれます。

しかし、理美容のハサミはとてもとてもとても・・・繊細なものです。

ベルトサンダーは、理美容のはさみの研ぎに適さないと思います。

この機械を使う人たちにで研ぎにだすと、「研がれた」わけではなく「けずられた」ということで小さくなったり、薄っぺらになったりします。

削れば削るほど、よく切れるようになるなんてことは、ありません。

刃こぼれなどのカケがある場合は、削る必要がありますが、落としたりしてなくて刃が欠けていなければ、ほんのごくわずかだけ削れば切れ味は復活するものです。

閉じる