切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 ハヤシシザース hayashi scissors

「切れなくなってきた」というリクエストでした。
ベーシックな使い方をしているそうです。

何度か落としたようで、刃こぼれが3箇所ありました。
これだと、さすがに切れないと思います。

材質はステライトです。
粘りのつよい鋼材で、研ぐには、ちょっとひと手間が必要です。
これをしないと、ブツブツした切れ味になってしまいます。

ハヤシシザース hayashi scissorsを研ぎました

ハサミDATA

ハマグリ刃の6インチ。
一般的な柳刃。
ネジ
コンパチWのマイナスネジ。
ハンドル
オフセット。
ちょっと左にずれているタイプ。
指掛けがちょっと特殊です。

はさみ職人's EYE

このハサミの特徴は、ステライトという鋼材です。
いいか悪いは、好みで分かれるところです。
その理由は、刃付けが難しいため、切れ味にバラツキがあるところです。

「嫌いだ!」というひとには、ブツブツ切れるのでキライという理由が多いと思います。
しかし、これは研ぎの技術の問題でもあります。

もし、なじみのハサミ屋さんがステライトの研ぎが上手だったら、恐らくハサミ研ぎの技術は上手だと思います。
意外と上手な方は少ないものです。

やっかいなハサミですが、やりがいがあるし、どちらかというと好きです。(笑)

閉じる