切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 FUJI SKF60-30

カット率ダウンできるか?

という、ご質問をいただきました。

どうなんですかね。

京都は雪です。

雪の金閣寺きれいですよ。(2022.1.14)

↓「金閣寺 雪」で検索。

https://www.google.com/search?q=%E9%87%91%E9%96%A3%E5%AF%BA+%E9%9B%AA&newwindow=1&rlz=1C1SQJL_jaJP905JP905&sxsrf=AOaemvKl6PcVce6XHFpujajFMmKe_kObUw:1642126827551&source=lnms&tbm=isch&sa=X&sqi=2&ved=2ahUKEwi7tu2Rl7D1AhVMKBoKHUxiApkQ_AUoAXoECAEQAw&biw=1382&bih=1432&dpr=1.35#imgrc=2TJvIP_8F0FfrM

FUJI SKF60-30を研ぎました

ハサミDATA

櫛刃:29目
棒刃:ハマグリ刃 直刃
ネジ
出っ張りタイプ
ハンドル
シンプルなオフセット

左のハサミです。

はさみ職人's EYE

カット率ダウンできるか?って話です。

セニングで、

「カット率が高くて使えないから、引出しに入れてある・・・」

なんて話は、よく聞きます。

引出シリーズで(笑)

「新品のときから、よく切れないから」とか

「研ぎに出したら、ダメになった」とか

そんな話もあります。

(基本的に研いで解決することも多いですが、その話はまたの機会に)

 

カット率をダウンさせることは、

できます!

例えば、

カット率30%のものを10%にすることができます。

さらに、5%にすることもできます。

さらに、0%にすることもできると思います(やったことないけど)

 

で、

ポイントは、

・カット率の感覚を共有しにくい

というのがあります。

 

説明すると、

自分はカット率30%だと思う。

先輩に言わせるとそれは35%だ!と言われた。

オオタさん、何%だと思う?→25%だと思う。

こんなケースです。

 

そこに答えはないです。

 

なので、カット率ダウンをさせるときは、ご自分の感覚でリクエストするといいです。

例えばこんな感じ。

「このセニングのカット率は30%くらいだと考えてます。

 これを半分の15%くらいになればいいと思います。

 よろしくね!チュッ」

です。

(チュッは余計でした。)

 

とはいっても、

実際の問題として、

・ある程度やってみないとわからない。

と言うのがあります。

そして、

・一度下げたら、戻すことが難しい。

というのもあります。

 

 

恐らく、、、ですが、

美容室で、

「15cmバツっと切ってください。前髪も短く・・・」

なんていうリクエストがあっても、その通り切らないんじゃないですかね。

まずは10㎝くらい切って、確認してから、、、

前髪なんて、慎重に、、、じゃないでしょうか。

 

セニングも、いきなりやり過ぎると元に戻せません。

なので、だいたいのところで、後で微調整ができる余地を残しておきます。