切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 ASPER super coblt Ⅻ

このはさみは、理容界のカローラといったところでしょうか。

昔、圧倒的に売れたハサミです。

いまはプリウスなんですかね。

そのハサミの特徴は「段刃」。

段刃について、語りましょう!

ASPER super coblt Ⅻを研ぎました

ハサミDATA

段刃 直刃に近い柳刃
ネジ
出っ張りタイプ
ハンドル
シンプルなオフセット

はさみ職人's EYE

これが段刃です。

刃のところで、光っているところと光っていないところがあります。

毛を切るところが光っていて、峰側が光っていないです。

(刈り上げの時に櫛にあたるところが光っていないです)

その形の特長は、

刃の部分がに2段になっている点です。

なので、二段刃(ニダンバ)と呼んだりする人もいます。

僕はダンバって呼ぶけど(笑)

平らなので、平刃ヒラバと呼ぶときもありますね。

で?ダンバ?いいの?

って質問されたとすると、

普通です。有名なハマグリ刃も普通です。

あまり刃の形で良しあしはないですね。

あえて言えば、

デザインとしては歴史があります。

少し軽めのものが多いです。