切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 天洋 1955

今回のテーマは着鋼。

先輩が言っていた「チャッコウ」です。

鋼を着けると書いて、チャッコウ。

調べてみると着鋼、ツケハガネとも読むそうです。

1955と書かれているから、1955年に作られたのかもしれませんね。

65年以上前だ!

天洋 1955を研ぎました

ハサミDATA

段刃、直刃に近い柳刃
ネジ
埋め込みタイプ
ハンドル
シンプルなオフセット

はさみ職人's EYE

刃の部分をよく見てください。

刃紋というか色が変わっているのがわかります。

これが着鋼の特徴です。

軟鉄(粘りがあって折れにくい。柔らかくて加工しやすい)

鋼鉄(鋼のこと。折れやすいが、硬く刃物として、よく切れる)

をくっつけたものです。

くっつけると言っても、

「◎◎君、〇〇ちゃんが好きみたいよぉ~」

「おーい。◎◎!早く告白しろよぉ。

 いつコクるか?今でしょ!」

みたいな盛り上げてくっつけるというよりは、、、

 

一瞬で秒殺!的なアロンアルフアでもなく、

 

もちろん、小学校のときの

こんなノリでもないです。

もちろん、

これでもないよ。

 

で。

何でつけるかというと、

熱です。

軟鉄をすごく熱くして、鋼鉄もすごく熱くして、それを重ねて圧力でガチャンと!

だいたい、そんな感じです。

先輩が言ってました。

違う種類の鉄をくっつけたので、色が違うわけです。

この着鋼のハサミは、柔らかくストンと切れます。

すごくいい感じのものが多いです。

今回のハサミは細身ですが、太目のものが多いです。だから重みで切れやすいというのもあるのかもしれません。

切れ味がいいというはいいこと。

反対に、

サビやすいです。

今回のハサミは奇跡レベルのいい状態です。

普通に使っているハサミでしたら、丁寧に使っていても茶色のものが多いです。

そして、

切れ味が落ちるのが早いです。

耐摩耗性っていうやつです。

一日一人だけという、サロンなら問題ないのでしょうが、、、

もしくは、毎日とか、毎週とかハサミを研ぐということでしたら、問題いのですが、今のハサミと比べると圧倒的に切れ止むのが早いです。

それでもマニアの方は、着鋼がいいというのかもしれませんけどね。

もし、あなたがハサミスキなら・・

ヤフオクとか、メルカリとか見て、いい状態のものがあったら、買いですよ!

 

逆に普通の人なら、ゼッタイやめた方がいいです(笑)