切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 二代目太刀国 鋏職人重野 6.5インチ

「太刀国」が続きますが、今回のハサミには、鋼材に注目しました。

裏側には、cobalt ALLと書かれていました。

材料はステライトと呼ばれるものです。

それって何!

二代目太刀国 鋏職人重野 6.5インチを研ぎました

ハサミDATA

【刃】
6.5インチハマグリ刃。柳刃。

【ネジ】
出っ張りタイプ。
【ハンドル】オフセット。シンプルです。

はさみ職人's EYE

さて、cobalt(コバルト)ですが、

いろいろな意味があります。

ハサミに使われているのは、

 ・コバルトが少し入っている材料。

 ・コバルトがたくさん入っている材料。

この2つの意味があります。材料としては全然違いますが、ハサミの表示にはcobaltと書かれていたりします。

ちなみに、コバルトがたくさん入っているから、良い!ということはないです。

あくまで、好みの世界です。

コバルトがたくさん入っているのを、ステライトと呼ばれています。

錆ないのが大きな特長になります。

ハサミとしては、峰不二子みたいな材料です。

いいときはすごくいいんですが、

そういでなく、素直さがなくて面倒くさいなあと思う時もあります。

ちなみに、

研ぐのが難しいとされる材料です。

研ぐときのポイントは、「ほんの少し丸く」です。

ご自分で研ぐ方、そして同業者の方!!!

鋭くしようとしたら、峰不二子モードに入るので、注意して下さい(笑)

閉じる