切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 GIAX-7

裏側に「COBALT ALLOY STEEL」とあります。

これってどういう意味でしょうか?

その説明をさせていただきます。

GIAX-7を研ぎました

ハサミDATA

7インチのオフセット

ハマグリ刃。

マイナスネジ

裏側からマイナスネジで開け閉めをするタイプです。

ハンドルは、オフセット。柄が少し長めです。

良い感じできれました。好なはさみです。

はさみ職人's EYE

じゃじゃーん。

COBALT ALLOY STEEL 。 これどんな意味なんでしょうか?

enimage1353918234949

日本語にすると、コバルト合金。

以前にハサミ屋さんの内田さん(仮名)が「このハサミは、コバルトだから、よく切れます。」とおっしゃっていらっしゃいます。

それって、、、、、

省略し過ぎですよ!

もしかしたら、知識不足なのかもしれませんが。

そもそも、コバルトというのは金属のひとつです。

このコバルトを鋼の材料に混ぜると・・・

パンをつくるときに塩を入れるようなものです。

コバルトのいい隠し味がでるのです。

 

この隠し味は、コバルト鋼の場合は粘りとか耐摩耗性がいい、、、です。

どのくらいいいかというと、表現できません。

「あまり変わらない」という人もいるだろうし、「ぜんぜん違う」という人もいると思います。

 

日本製のハサミのほとんどは、コバルトが入っています。

中国製はハサミには恐らく入っていないです。

 

なぜか?といえば、コバルト入りのハサミ材料は高価だからです。

 

ということで、

先ほどの内田さん(仮名)の営業トークを正確にすると、

このハサミは、コバルト(が入っている合金)だから(まあ、ほとんどのハサミにはコバルト入りなので、作りとか、他の要素もチェックしたいところで、私の営業生命を賭けてチェックしてみたところ、とは言っても、私は営業だしハサミは持ったことがあるけど、あまり切ったことがありませんから。だからって信じるかどうかは、アナタが決めてほしいものです。営業成績ということも考えてここは、1丁買って頂きたいので、、)よく切れます(と社長に言ってこいよって言われました。)」

ということになります。

大人の世界は大変なんです(笑)

 

もし、心とお財布にゆとりがある方は、内田さん(仮名)から買ってあげてください(笑)

買ったあと「オオタさん、新品なのに切れない。」って私にクレームは言わないください。

買うときは、できたら試しきりとか、返品対応など聞いておくといいですね。

それが無理だったら、内田さん(仮名)に寄付のつもりで買ってあげてくださいね (^^)

閉じる