たぶん50年前に発売された理容鋏を研がさせて頂きました。

おじょうさん。

今夜、どうだい!

えぇっ。まっじー!

 

(オオタサン、ホントそういうのいらないから!)

こんにちは。オオタです。あなたの心の声が手に取るようにわかります(笑)

これからのハサミ屋はくだらないことに命を懸けて取り組む時代です!!

 

さて

天洋というブランドのハサミを研がさせて頂きました。

今でもあるブランドですが、

鋼をよく見ると、2色になっていて、その雰囲気から察するに「着鋼」という技術を使ったハサミです。

とても珍しいので、見てやってください。

天洋 1955

トリマーさんの8インチのセニングを研ぎました。

こんにちは。(ちょっと久しぶりですね。)

オオタです。

先週・・・私、無敵な男だと思っていましたが、、、コロナ予防接種ごときに、負けました!

しかし、奇跡の復活で今週は絶好調です!

PS.趣味は野生の栗拾いです(笑)

 

8インチのセニングを研ぎました。

トリマーさんのハサミです。

大きい分ちょっと重たいですが、それをクリアできれば使い勝手がいいと思います。

犬の毛は柔らかいのでいいとは思うのですが、人間の毛は硬いので、理美容師さんには好みが分かれるよう気がします。

刃元を多く使う分には気にならないと思います。

が刃先まできっちりと使おうとすると、

刃先で切るとき、それなりに力が必要です。

KERRY 8.0-23-50

効率的な読書をしてみました。

こんにちは。

Amazonの端末買いました。

で。キンドルってやつで、音声モードっていうのあって、それだと本文を機械が読んでくれて、それを聞きながら散歩すると、退屈しないで、勉強になって、これはすごいことじゃないか!って思って、2日連続散歩してます(終わり)

研磨実績 Lumiere HyPERVをupしました。

「おばちゃん。

 昨日パパといいことしたでしょ。」

「やだ~。

 まあちゃん。変なこと言わないの!」

こんにちは。オオタです。

たぶん、変なテレビを見過ぎなんだと思います(笑)

さて、

研磨実績をupしました。

同じ理美容ハサミでも、

切れる切れないがあるように、

毛が逃げるのもあれば、そうでないのもあります。

それがいいとか、悪いとかではなくて、個性ですね!

今回は毛が逃げやすいタイプのハサミでした。

研いで逃げないようになりましたが、その特徴はどうなんでしょうか?

 

Lumiere HyPERV

今日は指が筋肉痛なので、早めに終了!

ハサミの刃こぼれについて

「あたし、あたし、、、

ちょっとピンチになっちゃって、、、

うん。いつもと携帯、違うんだけど、、、

200万くらい、振り込んでもらえるかな。

うん。早くね!ありがとう。」

はい!一丁上がり!

 

こんにちは。オオタです。

昔、父が振込詐欺で振り込みそうになったことがあります。

ある日突然、父から電話で「おい、トシカズ!振込できないぞ!」と言われました。

どうやら、先に銀行の方でロックがかかったようで、、被害にあわなくてよかったです。

 

今日は手元のハサミを見てみました。

これです。

静刃にNEOと書かれたハサミです。

手で刃を触れてチェックしてみると、わりと大きめの刃こぼれがありました。

(老眼だと難しいかも、、、ですが)実際に、よーーーく見ると見えるます。

それなら、iphoneで写真を撮ってみようと思いとってみました。

これです。

黄色の丸をつけたところが刃こぼれがです。

刃線の白いラインが途切れて、少し黒っぽくなっているのがわかるでしょうか。

この白いのは光の反射なのですが、

刃こぼれしているため、反射がないのです。

 

え~。

こんなに小さいの?

 

と思うかもしれませんね。

こんな小さい刃こぼれでも、プロの美容師さんの使うハサミは「切れない」のです。

正確には、

切れるけど、「よく切れない」です。

それだけ、繊細な道具なんです。

大半は、研げば直ります。

 

ってことで、理美容鋏の刃こぼれについてでした。

 

 

あたしのお小遣いがないから、現金送ってね!

気を付けよう。

きれいなバラにはトゲがある!

近況

忙しそうに倫理と青少協と決算とHPと・・・とやっていたら、自分が爆発する前に嫁さんが爆発した!

「もう色々とやらないで!」って言われて、事情聴取され、やることリストが作られた!(おわり)

セニングの切れ味って、いろいろです。

ねえ。

おねえさん。

あたし、

ウルトラマンみたいになっていないですか?

ビームでそうじゃないですか?

ウルトラマンの家族なら、女性だからウルトラの母ですか。

あのヘアースタイルはちょっと・・・

ウルトラの母のヘアースタイルはこちら

 

こんにちは。オオタです。

注:今日は特に中身の薄い日記になります(笑)

先日経営者仲間で、

HPについて話す機会がありました。

「オオタサンは、日記書いているの?」

と聞かれて、

「いちおう・・・」と答えたら、プロジェクターで大きく写されました。

8/31のこんなやつ・・・

さすがに、みんな見られるとハズイっすね。

 

さて、

お客様の声をいただきました。

ありがとうございます。

(匿名希望でしたので、名前付近は見えないようになっています。)

で、

最後の欄外にちょっとした、ひとこと!が。

「セニングが今までのは何だったんだ!という暗いよく切れます!!」って

お役に立てて光栄です。

こちらこそ、ありがとうございます。

 

で、

いい評価を頂いた!ってこともあるんですが、

セニングの研ぎって?って話をしようと思います。

 

実は、

ハサミの研ぎ業界で、

セニングを研ぐ機会はたくさんあります。

当たり前すぎ!ですけど。

ですが!

「セニングの研ぎができない」

「セニングの研ぎを教えてもらったことがない」

という方がいます。(意外と多いです)

 

なので、

テキトーに研ぐとか、、、です。

 

なので、

僕は普通に研いでいるんですが、

(もちろん、きちんとセニングの作り方・研ぎ方を学んで、研究に研究を重ねてますけど。)

このように評価頂けるのかなあと思います。

 

そういった意味で、

セニングが上手に研いでもらえるなら、いいハサミ屋さんかと思います。

 

ちなみに、

昔の床屋さん、、、

(彼らは営業終了後、自分たちで研いでました)

セニングは下手に研ぐと切れなくなってしまうから、

櫛刃は研がないで、

棒刃だけ研ぐ。

というように習ったそうです。

こうすると、

それなりに切れるようになりますが、

やはり、50%です。

 

正解は

棒刃を研いで30%

櫛刃も研いで30%

2本を組み合わせて、バランスを整えるのに40%

の技術力が必要です。

 

ポイントはバランスを整えるのに40%というところで、

ハサミって2本の刃の組み合わせなので、ただ単に刃を鋭くするればいいというわけではないです。

 

鋭い者同士が組み合わさると、

開閉した時、お互いの鋭い刃が相手を傷つけてしまいます。

夫婦と同じなんです(笑)

どちらかが鈍いと丸く収まりますね。

なので、いろいろな微調整が必要なんです。

この調整を「経験」とか「技術力」とかっていいますね。かっこよく。

 

特にセニングの場合、

普通の刃と櫛刃なので、より微調整が必要になってきます。

 

ということで。

今日は、

ウルトラの母の話でした(笑)

バイバイ!

 

 

ナルトの研磨実績

ちょっと・・・

ひっぱりすぎですよ。

伸びまくってますよ。

ガムじゃないんだから。

こんにちは

オオタです。

ナルトのセニングを研ぎました。

メガネなのか?

オフセットなのか?

という、お話です。

ナルト 31目メガネ

 

あたしゃ・・・ねむいんだよ・・・おっぱいでないよ・・・からっからだよ・・・ねむーい!

って

ことで

おやすみなさい。

自己紹介1

こんにちは。

オオタトシカズです。

趣味は奥さんです。

どうです?

好感度上がりました?(笑)

冗談はおいといて、
毎日一緒にいるので、
仲良くありたい!と思っています。

ほかに趣味は → → → → →

サーフィンに、
パラグライダー、
ジェットスキー、
グランピング

スノボー、
スキー、
スノーモービル・・・

サイクリング、バイクのツーリング、4輪レース

登山に、スキューバ、スカイダイビング

です。

と言いたいです(笑

言いたかっただけです(笑)

本当は、それらにあこがれています。

基本アウトドアが好きです。

キャンプでBBQとかサイコーです。

読書もまあまあ好きですね。

食べるのも好きですよ。

好きな食べ物は? → → → →

ピオーネです。ブドウの。

巨峰の大きいヤツです。

大きい粒でプルっとした感じがたまんないです。

あと、ラーメンが好きです。

子供のころから、サッポロ一番しょうゆ味が好きでした。

最近は健康に気を付けて自分で作るようにしています。

???

って

思いました?

袋めんやカップ麺を買わず、
麺だけを買ってきて、
自分でスープを研究しながら作ってます。


意外と簡単ですよ。

味付けカスタマイズができて、おもしろいし、、、やってみて!

もちろん、
お店のラーメンも大好きです!

京都は
天下一品と
餃子の王将の発祥の地ですからね。

京都は薄味というイメージだけど、それはお公家さんで、庶民派は濃い味ですよ。

飲み会のあと、締めの一杯は◎ですね。

お酒は呑むの? → → → → →

顔が赤鬼になるくらい飲みます。

日本酒1升豪快に飲みます!

言いたいところですが、

おちょこ一杯で赤ちゃんです(笑)

飲み会の場は大好きなので、ビール2杯くらいは飲みます。あと水は4杯!

好きなおつまみは、せんキャベツとコロッケのソース漬けです。

好きな揚げ物は、スーパーマツモトのメンチカツです!!!

体に悪い食べ物って、なんであんなにおいしいんだろう?

普段の仕事は → → → → →

うすうす気づいていたと思いますが、ちょっと変わったハサミ屋です。

自由な性格なのです・・・

気持ちがのったときだけ、ハサミに触れたいと思っています。

かといって、
乗らないから、
仕事をしないという、
天才肌ではないです。

ただ、
お金のためだけに
無理に仕事をしたいとは思っていないわけです。

ほぼ毎日、普通にハサミ研いでいます。

それを許してもらえるお客様に囲まれているわけで・・・・・
感謝しております。
( ^^) _旦~~

作るのもいっしょです。

(これはもう少し気分の要素がおおきいかな)

乗らない時は・・・温泉に行っています・・・たまにね(笑)

(実は田舎なんで、温泉が近くにあるんです)

研がない時は、

パソコンの前で、こんな自己紹介を書いています。

あと、

意外なところで、
ホームページのコンサルとか、インターネットのマーケティングコンサルみたいなことをやっています。

新しいもの好きで、ネットで仕事でやっていて、職人だし、その割に柔軟性があるからか、面白いこと書いているから気になるといわれます。

あっ。
仕事の話でしたね。

当店の理念は、
-・--・--・--・--・--・-
ハサミを通じて、
仕事に集中できる環境をつくり、
FLOWを楽しむ。
ますは、自分たちが率先して、明るく楽しんで仕事する。
-・--・--・--・--・--・-
です。

FLOWとは → → → → →

FLOW(フロー)とは、心理学用語です。

スポーツや
芸術の分野で、
時を忘れるほど集中している状態です。

われわれ職人もそんな風に楽しんで仕事をしていこうぜ!ってことです。

カッコよくないのに、
カッコをつけてしまいました。

こんな人間ですが、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

続いて、自己紹介2『ダイヤモンド研磨でハサミを研ぐ

ハサミを研ぎたい!
そんな方は、
https://www.1hasami.com/first/
いや、もう少し詳しく知りたいって方は、
https://www.1hasami.com/first/order/

いやいや、
研ぎに興味なんだ。
どんなハサミか知りのだ!
http://1hasami.com/e

中国製のセニングを見てみよう

たのしかった夏やすみ

埼玉県草加市立八幡小学校

1年8組5番 オオタトシカズ 

気がつけば、夏やすみがおわった。

夏やすみは、ネットフリックスで、いてわぉんくらすを見ました。

うわさどおり、おもしろかったです。

さて、

1年8組って、クラス多くねぇって話は置ておいて、

この中国のハサミについて、

どうですかね?

キレイな写真です。

櫛刃が円柱状になっています。

棒刃がノコギリみたいになっています。

これで、ヌケ重視という形状ですね。

日本でも、数年前からこの形状がありますが、真似ているのかもしれませんね。

ちなみにヌケがいい形状でも、ヌケがいいように研がないとダメです。

440Cと刻印されているのは、鋼の材料です。

日本製ではかなり少なってきましたが、コバルトが入っていないヤツです。

一般的に切れなくなるのが早いですが、切れ味は好きです。これも研ぎ方次第ですけど。

これを見ると、

中国製ハサミの進化の勢いを感じます。

数年前は、アバウトな造りで、日本製に100年たっても近づかないと確認しました。

今は、ちょっと100年はいいすぎなのかも・・・と思っています。

とはいえ、、です。

はさみって、

これを読んでいるアナタも、、、アナタ様も、、、

知っている通り、かなり繊細です。

大体のところはできたとしても、繊細なところまでは、、、、

日本人もそうですけど、アバウトな仕事をしている人に対しては、何を言っても、どう指導してもダメですよね(笑)

その人の性格と言うか、、、個性と言うか、、、

特に道具を使うプロの理美容師って、求めるものがすごく高いです。

(ついていけないと思うこともあるけど)だから、やりがいがあるんですよねぇ・・・

あ、

わけのわからない方に来てしまったので、おわり。

 

来年の夏休みをたてようっと!

 

 

このページの先頭へ