切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 ZS 30目メガネ

ZS 30目メガネを研ぎました

ハサミDATA

櫛刃はシンプルな30目。
V溝がWのものが多いですが、これはvでした。
棒刃もシンプルな。
刃線が笹刃の物が多いですが、これは直刃でした。
ネジ
埋込みタイプ。
シンプルです。
ハンドル
メガネ。シンプルです。
しかし、横から見ると、、、シンプルではないです。

はさみ職人's EYE

このハサミの特徴はハンドルが少し反っている点です。

動画0:26のところが見やすいです。

きっと、このように反らせることでやりやすいカットがあるんだと思います。

素晴らしいです。

ハサミ屋としては、

このように反っていることで押切しやすいだろうと思います。

もしかしたら、押しグセが付きやすいかもしれませんが、それはそれで、、、。

押して切ったとすると、

始めはよく切れます。

しかし、

切れなくなるのは早いです。

切れなくなったらすぐ研ぐことをおすすめします。

すぐ研がないで粘って使い続けると、より押して切るようになります。

それはそれで、切れるのでいいのかもしれませんが、より押しグセが強くなります。

強くなりすぎると、

ハサミが切れなくなるのが早くなる。

親指が痛くなる。

腕が痛くなる。

肘が痛くなる。

肩が痛くなる。

らしいです。

押して切るのもいいと思いますが、頑張って粘って、、、切れないのに無理するのやめた方がいいと思います。

閉じる