切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 v.z.y 30目メガネ

ぱっと見た感じはシンプルなスキバサミですね。

ですが、

ハンドルをよく見ると、、、、

分かるかな?

続きは後半につづく。

v.z.y 30目メガネを研ぎました

ハサミDATA

30W目 ハマグリ刃 笹刃
ネジ
埋め込みタイプ
ハンドル
メガネ

はさみ職人's EYE

今回のセニングの大きな特徴は2つです。

一つは指穴が小さい。

指穴が小さいと手にフィットしやすいですね。

特に女性の指の細い(僕の指の半分くらい細い)方もいらっしゃるので、そういう方にはいいかもしれません。

が、

意外と

大きくても気にならないという方も多いです。

特にセニングの場合、ピンポイントで攻めるようなことがなければ問題ないという方が多いです。

 

特徴の2つ目は

ハンドルのひねり。

この写真でヒネリがあるのがわかりますかね?

珍しいです。

このように曲げることで、手にした時のフィット感は増します。

正刃で持っても、逆刃で持ってもそれなりにフィット感があります。

よりフィット感を重視しようととすると、オフセットのハンドルの方がいい面もあります。

あまり見ないのは、そういった面があるのかもしれません。

悩みどころなのかも・・・。