切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 utumi KS-29

この部分が、、、すり減っている?カチカチ音がする・・・

スキバサミの方なのですが、この部分なのですが、すり減っている?カチカチと音がいしています。
そこを修理の欲しいです。

279

図解入りで説明いただきまして、ありがとうございます。

ハサミを頂いたのが、8月29日。

そこは、もう冬なのですね!京都は、暑いながらも、秋の気配が出てきた頃ですが・・・

そして、

ご指摘のそこは、ヒットポイントです。(笑)

使っていると、取れてしまうことがあります。。

 

 

ヒットポイントをよくみてみましょう。

すり減っているかのように黒い部分はあります。

根っこが残っているイメージでしょうか?

 279-2

utumi KS-29を研ぎました

ハサミDATA

5.5インチ。

メガネ。

上刃は、29目V溝。

下刃は、段刃。直刃です。

ネジは、埋込みタイプ。

メガネ。(固定式の指かけがついていますが、指穴は並んでいるのでメガネになります)

ヒットポイントは、なさそうです。

ヒットポイントをよくみてみましょう。

はさみ職人's EYE

ヒットポイント修理について

今回のヒットポイントは、磨り減ってなくなったのではなく、切れてしまったと思います。

ハサミを開閉するたびに、このヒットポイントで衝撃を吸収しているので、一番負荷が掛かるところです。

それぞれの指穴の金属にはさまり、その衝撃で切れてしまったようです。

取れてしまうこともあります。

この修理は、古い残ったゴムを取り出し、新しいものを取り付けます。

すると、こんな感感じになります。

279-3

全体からみると、こんな感じです。

279-4

ちなみに、ヒットポイントが取れてしまってないハサミと正常なハサミ、ヌケが違います。

並べてみるとわかりやすいです。

279-6279-5

拡大してみます。わかりやすいと書きましたが、微妙ですね。

279-7279-8

右のほうが、すき間が多いです。左がヒットポイントなし。右があり。

そのため、ヌケがいいです。(他にもヌケの良し悪しを決める要素はあります)

閉じる