切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 UTSUMI RD625

今回は、ハンドルが個性的なハサミです。

UTSUMI RD625を研ぎました

ハサミDATA

はまぐり刃 柳刃
ネジ
埋め込みタイプ
ハンドル
ラクダオフセット(ラクダのヘネシー型、ラクダで下がっているオフセット、コブで下がっているやつ)

はさみ職人's EYE

こう持つとすると、指穴が普通のものより下の方になるじゃないですか。

下にさがっているということで、下がっているハンドルって言っています。

なんで、下がっているかというと、カットするとき、楽なんです。

脇を締めて(ひじを上げないで)ハサミをもつと、ハサミが真っすぐになります

カットしやすいんです。

こんな写真の状態になりやすいです。

ブラントカットしかしないということでしたら、このはさみはスーパーおすすめですね。

そうでない場合は、使いにくい場合があるので要注意です。