切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 USTUMI HTS60/30

セニングに求められる切れ味にヌケがいいというのがあります。

特に美容師さんに多いリクエストです。

そのためにいろいろなセニングがあります。

よいかどうかは、切ってみないとわかりませんが、どんなものがあるのでしょうか?

USTUMI HTS60/30を研ぎました

ハサミDATA

セニングシザーズ。

6インチ。

棒刃はのこぎりみたいな刃(後述)。

くし刃は30目。

ネジはほんのちょっと出ています。

ハンドルはオフセット、立体的です。

はさみ職人's EYE

このセニングの刃は特徴的です。

180-1

棒刃をよくみると、へこんでいる溝があります。

閉じたとき、この凹んでいる溝にくし刃のくしとくしの間の部分が重なります。

この凹んでいる部分は、刃がついていないので、ヌケがいいという理論で作られたんではないでしょうか。

さらにくし刃の刃が鋭くついています。

これでよりいい切れ味がでるということだと思います。

ハサミとは、難しいものです。

というのも、見た感じがよかったり、理論的によかったり、いい材料が使われていたりしていても、実際に手に取り、切ってみて初めていいハサミかどうかわかるものです。

このハサミは、もう少し硬い鋼でつくればもっといいのにと感じました。

閉じる