切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 TOKIO VH-70

「TOKIO」というブランドのハサミです。

トリマーさんのハサミです。

指をさしたところに、刃づち(とがったハンマー)でついた傷があります。

これの意味を考えてみたいと思います。

今回は、ユーチューブの動画です。

TOKIO VH-70を研ぎました

ハサミDATA

【刃】
直刃。ハマグリ刃。

【ネジ】
ブルーの埋め込みタイプ。
【ハンドル】
オフセット。シンプルです。

はさみ職人's EYE

動画開始0:17のところで指をさしています。

ここに刃づち(とがったハンマー)の傷がありました。

これを叩き傷・・なんて呼んだりします。

ソリに問題があるときなど、修理の工程で行うことがあります。

ただ、新品で購入後、普通に切れていて、ある程度使って、切れなくなった・・・とき。

この時に研ぎにだして、この傷をつけられてしまうことがあります。

これは、ハサミを壊すということがあります。

今までの“調子”を狂わせてします・・・ことになります。

逆に切れなくなったり、すぐ切れなくなるということが多々あります。

恐らく、良かれと思ってやったことだと思うので、あまりきつくも言えませんが、どうかと思います。

 

さて、

今回のハサミですが、

傷がついています。

しかし、この傷をつけてソリを強くさせるという技術が未熟だったようで、ただ単に傷をつけられただけでした。

ハサミとしての機能は、傷つけられなかったが、外見は傷つけられた・・・・

運が良かったような、悪かったような・・・です。

 

ちなみにこういう研ぎをされる方は、トリミングサロン向けに仕事をされている方が多いようです。

よくそういう話をききます。

閉じる