切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 sheema HI-TEC FIT60

刃元が使えるハサミと刃元が使いえないハサミ。

刃先が使えるハサミと刃先が使えないハサミ。

どんな違いがあるのでしょうか?

sheema HI-TEC FIT60を研ぎました

ハサミDATA

6インチのオフセット

刃は、剣刃風で、笹刃風の柳刃・・・

ネジは埋め込みタイプ。

ハンドルはひねりがあるオフセット。

はさみ職人's EYE

165-sheema-hitec-fit

このハサミの特徴のひとつは、刃元がえぐれていると言う点です。

こういう形状のもののいい点は、

刃元を使えるということです。一般的なハサミで刃元を使って切ろうとすると、毛が滑って切ることができません。

しかし、この刃の形状は刃元がえぐれているので、しっかりと毛をつかむことができるのです。

当然刃元なので、力が伝わりやすく良く切れます。

逆に刃先は、力が伝わりにくいです。

これは鋼がいい、悪いとかいうこととは関係なく、刃の形状が関係します。

閉じる