切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 KIKUI60 ②

鋼には、もろいものねばるものがあります。

今回は、ねばるものです。

KIKUI60 ②を研ぎました

ハサミDATA

6インチのシザー

刃はハマグリ刃の柳刃。

ネジは特殊なちょっとでっぱりのマイナスネジ

ハンドルはシンプルなメガネ。

はさみ職人's EYE

このハサミの鋼材は、ステライト

(ちなみに、刃にはcobaltと書いてあります)

このステライトのハサミの刃の特徴は、「粘る」です。

その反対は、「もろい」です。

感覚として、例えば、もろいのは、冷凍のチョコレートです!

その反対の粘りがあるのは、夏のチョコレートです!

これをうまいこと、ハサミの刃にイメージしてもらえればいいのですが、、、

冷凍チョコの場合、硬いのでよく切れます。

しかし、はさみの開閉は刃と刃があたるので、お互いすぐに擦れてしまします。

刃のとがっているところなんか、薄いのでもろく、刃こぼれしやすいです。

逆に

夏のチョコの場合は、柔らかいのでよく切れません。

しかし、ハサミの開閉のときは、お互いの刃を、なんとなく擦れるのですが、全力で当たりません

うまいこと交わします。だからあまり擦り減りません。

わかりにくいですね(笑)

そのうち、ほかの切り口で説明できるかもしれません。。。

閉じる