切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 ROYAL MASTER 6インチ笹刃メガネ

笹刃について

笹刃ってドライカットに使う笹刃です。

で、その笹刃には2種類あるって、知ってます?

後半につづく。

ROYAL MASTER 6インチ笹刃メガネを研ぎました

ハサミDATA

はまぐり刃 太めの笹刃
ネジ
埋め込みタイプ
ハンドル
ラクダのメガネ

はさみ職人's EYE

ドライカットに使われるという笹刃ですが、2種類あります。

あっ。

ちなみに笹刃はパンダが大好きな笹の葉っぱみたいな形なので、笹刃と言っています。

2種類のうちのひとつがコレ。↓

特徴は、

細身のタイプです。

先(刃先)がとがっていて、下の方(刃元)もとがっている(細くえぐれている)タイプです。

 

もうひとつがこれ。↓

太目タイプ。

先(刃先)がとがっていて、刃元は太いタイプです。

 

両方とも、毛が逃げる(毛が滑る)刃の形になります。

なので、「研いでも毛が逃げるんですけど」なんていうクレームを出すと???です。

「カットして、毛が短くなったんですけど」と同じです(笑)

 

大きな違いは、スライドカットでは、

細身のタイプの刃元がえぐれているタイプだと、刃先重視になります。

刃元ではスライドカットしにくいです。

太めの刃元がえぐれていないタイプは、刃先から刃元まで全体でいけます。

ちなみにこういった笹刃もいいですが、普通のハサミをスライドカット刃付けにした場合もいい感じになると思っています。

 

エフェクトカットやストロークカットだと、

細身のタイプがいいですね。

軽いのがいい点です。

太目はいいかもしれませんが、手に負担が大きいですね。

 

ってことで、

 

□まとめ

笹刃の細身はストロークカット向き

笹刃の太めはスライドカット向き