切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 OKAWA 212

ネジについて⑱

金色のハサミです。

素敵です。

今回も凝りもせずに・・・ネジの話です。

ダブルネジです。

上がマイナス、下はふたタイプのネジ。

今回はこのふたについて・・・こんなディープなことをHPにのせていいものだろうか?

誰も読まないという前提で、スタート!

OKAWA 212を研ぎました

ハサミDATA

21w目 段刃 笹刃に近い柳刃
ネジ
埋め込みタイプ
ハンドル
ラクダのメガネ

はさみ職人's EYE

(マジでディープすぎるので、読まない方がいいです)

今読んでいる本に理美容のハサミがでてきます。

というか、まさにハサミについての本です。

仕事で・・・読んでいます。

ツッコミを入れながらです。

で・・・感じたのは、ハサミについての内容が2割もない・・・(笑)

まあ、でも2割くらいはありそうだから、それはそれで良心的ですね。

ハサミについての本なのに・・・そのほかは、「関係がありそうに書いているけど、関係ないよね!」って僕にツッコまれています。

まあ、仕方ないのかな・・

 

さて、

今回のネジはダブルネジです。

このダブルの意味は、オスネジとメスネジの対になっているという意味で、ダブルです。

シングルがあるか?というと、シングルとは言わないですが、「昔ながらのマイナスネジ」が相当します。

昔ながらのマイナスねじというのは、ハサミの側にネジの穴が開いているやつです。

もし、ダブルの場合ネジがバカになってしまったら、ネジ交換で済みます。

しかし「昔ながらのマイナスねじ」の場合は、ハサミ本体側のネジを交換できないので、ハサミの一生が終わってしまいます。

(優秀なハサミ職人なら、それなりに直せます)

 

で。

次に形状ですが

上がマイナス、下はふたタイプのネジです。写真を見てみましょうか。

下の写真。これが、フタタイプです。

わかります?

(わからなくても、誰もみていないという体で進めます。

 完全に独り言ですね)

フタタイプって、ビジュアルはすっきりしていていいです。

少し緩みやすいと感じています。

勝手な想像では、フタがないと、輪ゴムみたいに(ごくごくわずかに)収縮するから緩みにくいのかなあと思っています。

でも

その反対に・・・そんなことってあるんだろうか?とも思っています。

この辺はいいかわるいか?というよりは、好きか嫌いか?って話ですね。