切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 ナルト 6インチ

特別リクエストはありませんでした。

見てみると、とてもきれいに使っていらっしゃいます。
落とした形跡、コームを噛んだ形跡もありませんでした。

ネジが緩かったです。
そのため「片減り」していました。
この片減りが切れなくなっている原因だと思われます。

研いだあと、本来の切れ味に戻りました。

このはさみは、本当によく切れて、とてもうれしくなります。

ナルト 6インチを研ぎました

ハサミDATA

6インチくらいの片剣刃。
柳刃。
ネジ
でっぱりネジ。ネジにも模様が入っていて、ネジを回るとカチカチと音がでる。
ハンドル
模様のついたオフセット。
写真の中心ラインから、左にずれているタイプ。

はさみ職人's EYE

このハサミの大きな特徴は、2つ。

外見では模様のあるハンドルです。
そしてバラすと、内側に金属製のベアリングが入っています。
これがある分、研ぐのはちょっとやっかいなんです。

高価なハサミのひとつですが、研いだ直後の切れ味は大好きです。
それは、「指が触れただけで、切れる!」というよりは、「毛を挟んだ瞬間に切れ落ちる」という感覚があって、それがハサミらしくていいです。

これがずーと続いてくれるとすごいのですが、なかなか現実はそうはいかないものです。

このはさみの出来るだけ切れ続けさせるには、「ネジをきつく」締めるのがポイントです。

どのくらい?

そんな質問をうけますが、「かなりきつく」です。
「腱鞘炎にならない一歩手前」くらいです。

ただ、今回の金属のベアリングのタイプは、かなりきつくしてもベアリングが効きます。
開いた状態で、親指を抜いて微動だにしないくらいでOKだと思います。

そんなにきつく締めるんだ?と思うかもしれませんが、これが条件で「不思議な」とか「研がなくてもいい」とか、いう状態に近くなります。

閉じる