切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 mayumi KT-60

このハサミは笹刃です。

笹刃のハマグリ刃です。

開いたときに、刃が刃線に丸みがあって、葉っぱみたい形が笹みたいということで、笹刃です。(たぶん)

で。

笹刃って、何?っていうお話です。

mayumi KT-60を研ぎました

ハサミDATA

6インチ
笹刃
ハマグリ刃
ネジ
埋込タイプ
ハンドル
オフセット。
コブがあるオフセットです。
ラクダのオフセットとも言います。

はさみ職人's EYE

笹刃って何?ということについて、その特徴を3つ挙げてたいと思います。

1.毛が滑る

これは刃線がそのようになっているからです。

刃線のカーブ(R)が強いです。

新品や研ぎたては、問題ないかもしれませんが、使っているうちに毛が滑るようになります。

毛が滑ると、ブラントカットなどはしにくいですね。

もちろん、刈り上げなんかも使いにくいです。

もし、毛が逃げて使いにくいということでしたら、「笹刃→柳刃への改造」をオススメします。

かなり変わりますよ。

2.優しく切れる

これは、1.毛が逃げるのいい面から見た場合です。

例えば、毛を掴んでその毛が1センチ動くと毛が逃げて使えない!ということになります。

まったく動かないと切った感じが硬い!となります。

毛が5本分くらい動くと、優しく切れる感じです。

3.重い

これは単純に重さが重いものが多いということです。

笹刃を作ろうとすると、自然と幅広タイプになります。

その分重くなります。

上から下へのスライドカットはやりやすいようです。

 

閉じる