切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 mateli SCISSORS (6インチオフセット) ステップボーンカット

mateli SCISSORS (6インチオフセット) ステップボーンカットを研ぎました

ハサミDATA

はまぐり刃
研ぐ前はかなりの鈍角な刃付けでした。
ご自分でいろいろと研究されていらっしゃるということです。(すごい!)
ネジ
埋め込みタイプ
ハンドル
オフセット
動刃は少しひねったような3Dになっています。
静刃シンプルなメガネのハンドルでした。

はさみ職人's EYE

依頼主からお手紙で「刃先がおかしい。スライドさせやすく、、、必要なことはすべてやってほしい」とのことでした。

ちょっと大げさに考えているのかもしれないと思いました。

ですが、

実際にハサミを見ると、なるほど、、、、と。

確かに刃先は重なりが深すぎで、刃がはみだして危険な状態でした。

また、不十分な研ぎのせいで、刃先が甦らせるのができないくらい残念な状態でした。

(下手な研ぎが致命的でした。)

また、刃もスライドカットを意識した刃付けだったのですが、ちょっとやりすぎているというか、ずれているというか、、、。なんでここまで?と疑問に思うほどでした。

やりがいがあるなあ。

(「必要なことはすべてやって」ということだけど)どこまでやろうかなあ。

そんな疑問が浮かんだのでお電話させて頂きました。

すると、

「ステップボーンカット用のはさみです。

 youtubeに出てくるカット方法です」とのことでした。

早速検索してみてみると、ありました。

カットをしているところは一瞬でした。

何度かみると、ポイントは上から下へのスライドカットで、毛先を削ぐことのがわかりました。

一瞬普通のハサミでもできるんじゃないか、と思いましたが、きっと微妙ところが違うんでしょう。

プロの世界です。

普通の人からみると小さい差でも、実際は大きい差ということなんでしょう。

閉じる