切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 KIRA 30目オフセット

滋賀県からいらっしゃった美容師さんです。

「このセニングは縦向けらしいんだけど、それはいいんだけど、返り刃がすぐ出てきて困る」というお話でした。

(「返り刃」なんて言葉を聞くと、鋏に詳しい方なんだろうなあと思います)

返り刃について、後半でコメントさせて頂きます。

KIRA 30目オフセットを研ぎました

ハサミDATA

30目、V溝がちょっと特殊です。
棒刃ははまぐり刃笹刃です。
ネジ
出っ張りタイプです。
ハンドル
シンプルなオフセットです。

はさみ職人's EYE

返り刃とは、鋏を開閉していると刃の先端(刃先のことではないです)が内側から外側にめくれるようになることです。

切れない原因のひとつです。

“めくれている”という表現もします。

切れない鋏の場合、この返り刃が大きくなっています。

直接的な原因です。

特にセニングの棒刃はこのケースが多いです。

カットシザーでも返り刃が大きくなって切れなくなることがあります。

特に鋭すぎる刃などは、要注意です。

なぜ、返り刃ができるかというと、

今回の鋏の場合は、ネジが大きな原因でした。

この鋏のネジはアソビが大きく、返り刃が出やすいような開閉のクセが出やすいからです。

対策として、

ネジのアソビを小さくしました。

また、返り刃が出にくい刃付けにしました。

閉じる