切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 KIKUI 40目メガネ

今日はヒットポイントの話です。

ヒットポイントって、指穴のところのゴムです。

そう。平たく言えば、ゴムです(笑)

 

ゴムがないと、

カチカチ音がでます。

金属なんで・・・当たり前ですが・・・

それ以外にも影響があります。

 

例えば、ヌケとか・・・。(後半へつづく)

KIKUI 40目メガネを研ぎました

ハサミDATA

櫛刃:40目 棒刃:はまぐり刃 直刃
ネジ
埋め込みタイプだけど出っ張りタイプ
ハンドル
シンプルなメガネ

はさみ職人's EYE

この写真はビフォーです。

ヒットポイントが付いていないですね。

さあ、ヌケについて、どんなふうになっているでしょうか?

まあ・・・良くなるか、悪くなるかくらいしか答えはないけど(笑)

なんとなく、よくなるという答えはなさそう・・・

 

では、答えです。

①ヒットポイントがないのがわかります。

②棒刃と櫛刃の重なりが深い状態です。

閉じているこの状態で、背景のグレーが刃先に向かって、面積が小さくなっています。

これでは、ヌケが悪いです。

 

で。ヒットポイントが取り付けられました。

 ↓↓↓↓↓↓

刃先の隙間も面積が広がりました。

ビフォーよりは良くなり、元に戻りました。

ヌケが良くなったのがわかるでしょうか。

 

 

「イヤイヤイヤ・・・・

 俺っち、そんな毛量取らねぇし・・・

 ちょっとだけ、つまむくらいの微妙な調整用だし・・・

 ヌケとかカンケーねぇし・・・」

と言っちゃう方!!!

 

そのとーり。

 

毛束をそんなに取らない場合は、ヌケ加減は、それほど関係ないかも・・です。

使い方次第ですね。

 

ということで、

セニングの場合、ヒットポイントがないってことは、ヌケがわるいよって話でした。